きちんと証拠に残しておきます

-

-

予想外に突然出あってしまうのが自動車の事故です。悪徳業者 手口

その場面でどう対応した結果が原因となり自動車保険金の受け取りも相当大きく変わる場合も予測できますので間違えない決断力と行動が大事です。雪肌ドロップ 口コミ

考えもしない場面に巻き込まれて慌ててしまったとしたら重大な場面を見失ってしまい、後で自分自身が大きな損を被る状況も想像できるので車の事故をした場合は的確に次の行動するとよいかもしれません。塗料 種類 特徴

車の事故を起こしてしまった状況で最初にすべきなのは負傷者の有無を確認する必要があります。

後は頭が混乱して喪心状態になってしまう場合がありなかなか行動を起こせないのが通常です。

ですので、負傷者がいたら危なくないところに動いて応急手当を施し周囲に助けを求めるなどを行い人命救助の優先に努めましょう。

119番通報する状況では的確な位置を知らせて、良く分からない場合には辺りの目に留まった学校や町名を伝えて事故現場の位置が判断できるようにします。

その後で警察に電話して、事故が起こった事また現在の状況を説明します。

救急車と警察の到着を待っている時に相手側の身元をチェックします。

氏名、免許証番号、事故の相手側の自動車保険会社など相手だけでなく自分の身元を言います。

特に相手に不手際が存在する場合、事故現場で解決しようとする状況が存在しますが即刻解決するのではなくどういったケースだったにせよ110番や保険屋さんに報告して、きちんと調べてもらうことが重要です。

互いの身元を教えたら他の車の邪魔になるのを避けるために妨げになる物道の上から取り去ります。

万一被害が他の自動車の妨げとなっている状況なら、互いの情報交換をする以前にその作業を行ってしまっても問題はないです。

そして自らの掛金を支払っている自動車保険会社に連絡して、自動車の事故が発生したことを連絡します。

交通事故から特定の時間の間に自動車保険の会社に知らせておかないと、保険の適用除外にされる状況も想定されるので可能な限りすぐに電話をすることが大事です。

さらに事故内容の手がかりとして、コンパクトカメラや携帯電話のカメラ等で事故や愛車の破損状態が分かる写真をを撮影しておきます。

これは過失のパーセンテージ決定する際に重要なデータとなりますので、自分自身の自動車や相手方の乗用車の破損状態をきちんと証拠に残しておきます。

この場面で第三者がいたならばおまわりさんや保険屋さん来るまでその場所にそのまま待ってもらうよう呼びかけることも忘れてはいけません。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.inesh.org All Rights Reserved.