なので例えば1月に売ろうと思ったら少し待って2月に売却額査定

-

-

車の査定額をできるだけ高くするのに、、中古車を売る時期、タイミングというものも影響があります。

自分から店まで車を使って見積もりをしなくてもオンラインで車買取店で売却額査定の確認をしたら、あっという間に売値査定額の概算見積りしてくれますが、所有する中古車をできるだけ高く処分することを考えればいくつかの注意する点があります。

どんなものがあるかと言えばまず走行距離があります。

今までの走行距離は中古車に対する買取価格の査定において大切な判断基準となるものとして認識されています。

何kmくらいの走行距離で手放すとよいかという話ですが中古車の見積額に差が出てくるラインは5万キロという説が有力ですからその距離を超える以前に買取査定を頼んで売却するのがよいでしょう。

走行距離が40000kmと60000qでは普通は中古車の売値金額は変化してきます。

二つ目に、車検も重要です。

周知の通り車検というのはお金がかかりますから車検時期までの時間が残っているほど査定額は上がると勘違いする人が多いかもしれませんが、実際のところ車検の前でも後でも中古車の査定額にはほとんど相関性がありません。

これについては少しやると明確にわかります。

車検に出す前は売り時としても望ましいということになります。

反対に、売却額を高くするために、車検を済ませてから査定に出そうと考えるのはお金の無駄あまり意味を持たないということになります。

他にもお店に車を売るタイミングとしては2月と8月が狙い目です。

なぜなら自動車買取業者の決算が3月と9月というところが結構多いからです。

なので例えば1月に売ろうと思ったら少し待って2月に売却額査定を専門店にしてもらって引き取ってもらうのもありだと思います。

あなたの都合もあるでしょうから、皆が皆このような時期を狙って売るというわけにもいかないのが実際だと思いますが、できるならこうした時期に手放すのがよいかもしれません。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.inesh.org All Rights Reserved.