立証のない審査項目は

-

-

融資をする際には、キャッシングサービスの契約をする企業の審査に申込みをし、それらのチェックに受かることが必須です。

行うキャッシングサービスの審査のだいたいの内容は、「自分の会社に既にキャッシングサービスの申込みがあるか」「信用情報機関に個人情報が存在するか」「キャッシングを受けようとしている人の年齢や収入、過去の借り入れ経験など」を調査し、融資を、許可するかどうか、承認する場合はいくら融資するのか、など決定されるようです。

手続きの審査にパスすることで、契約書類とキャッシングカードが送られ、そこからはじめて全国にあるATMなどでキャッシングサービスでの利用手続きに移ることが出来るのです。

新規にキャッシングサービスを申し込む時記入しなければならないことは、申込者本人のこと、家族構成、住まい環境職、職場についてに加え、このような消費者金融をいくつ使っているかというようなことも必要になります。

キャッシングの審査に申し込むには、申込者本人の個人に関する情報を全て開示するつもりで望む必要があります。

キャッシングサービスの審査で書くことは、すべて手続きの審査に響くものであると思っておきましょう。

審査項目は、どの消費者金融会社であっても、あまり違いはありません。

消費者金融業界では、申込時の審査項目の一個一個を、「属性」と呼ぶこともあるようです。

属性には、重視される属性と、されない項目があります。

例を上げるとすると、その人の名前だけだと、その人がどういう人間なのか分かりませんが、そこに年齢が分かると、ある程度推測をすることができるようになるということです。

ですから、「歳」は注目される属性、「氏名」はそうでない、そんなに重要とされない属性となります。

このとおり注目される属性は、その人がどういう人なのかよくわかるものであること、また裏付けが取れる属性となります。

そういったものは、手続きの項目で重要とされることが高いです。

直接の収入というよりは、その人の収入の度合いが予測できるような属性も注目されるようです。

生年月日や、職種、住んでる期間などです。

重視される属性には、必ず立証が取れる、ものである必要があります。

反対に、立証がないものにおいては考えている以上に重要視されません。

自己申告のみで、立証のない審査項目は、重要視されることがないはずです。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.inesh.org All Rights Reserved.